賃貸

  

住まいに求める事

木のぬくもり感じる部屋

昔の住宅は隙間風が入ってきたりサッシの間から虫が室内に侵入するという住宅も多かったです。しかし最近の住宅ではあまりにも気密性が高くなりこういった隙間風はもちろん防音性能も格段に向上しているのです。しかしこれは良いことばかりではありません。部屋の空気を強制的に入れ替える必要があるのです。ですからそういった換気を行う設備をわざわざ設置する必要もあるのです。 注文住宅では気密性にも配慮したかつこうした設備を取り入れなくても換気ができるといった住宅を建築することも可能です。しかしこうなると高額な費用が必要になってくるほか、特別な設計を行う必要があるのです。場合によっては換気システムを導入するほうが価格的に見て魅力的な場合も少なくありません。

現在注文住宅が建築できる建築会社は設計事務所、ハウスメーカー、工務店など多くの企業で建築が可能です。しかし企業によって注文住宅の質も全く異なるのです。とことんこだわるなら設計事務所、ある程度規格化され実物を見るな羅ハウスメーカー、施工まで一括して依頼したいなら工務店などそれぞれの建築会社に特徴があるのです。こうした特徴と建てる人が住宅に何を求めるのかという特徴が合致した建築会社を選択することが重要です。 設計事務所で住宅を建築する場合高額な設計料が上澄みされる場合も多く一般的に他社で建築するよりも高額な建築費がかかります。しかし設計事務所がある種第三者機関となって施工現場を監理してくれる場合もあるので一概に高額ともいえないのです。住宅に何を求めなぜ注文住宅なのかを明確にすることでどこで建築するのかがよいのかが判断できるのです。