賃貸

  

お部屋探しのコツ

木のぬくもり感じる部屋

部屋を探すことになった場合、何からはじめたらいいかとなると、住みたい部屋の条件を決めることからはじめます。家賃の上限、築年数、間取り、駅からの距離などです。単純に部屋を探してますだけだと、範囲が広いので絞り込みができないです。ある程度条件を決めることで、その希望に見合った賃貸物件を不動産屋の担当者に紹介してもらうことができます。しかし、希望に合う物件ですがやはり家賃の壁にぶつかります。駅から近い所や築年数の新しい賃貸物件になると家賃も高くなってきます。予算に合わせて部屋探しも必要になってきます。仕事上インターネットを使うのであれば、通信環境の完備された部屋を選ぶことで入居日から使用することもできます。

気に入った物件が見つかりましたら、1件だけでなく候補は最低でも3から4件程度に絞り込みます。不動産屋から近くにある物件であれば歩いて実際に見学に行けます。物件を見るだでなく、その歩いてきた道を見るだけでも物件情報の収集になります。何件も周る場合は、不動産屋の営業車で賃貸物件見学させてもらうことができ、内見をして不動産屋の担当者の説明を聞いて見学ができます。賃貸物件の周辺情報を見る時は、近くにコンビニやスーパーなどがあるかや一人暮らしで家で料理をしないのであれば、飲食店はどのくらいあるかなども確認しておくポイントです。実際に歩いてみることで、ネットでは分からないその土地の情報もわかることができます。